明和食品のSDGs

明和食品は昭和48年に創業し、無添加のハンバーグを初めとし 一日約3トンのハンバーグを製造している肉加工品の専門メーカーです。
全国のホテル・レストラン・飲食店様向け・インターネット通販を通して、明るく楽しい食卓のお手伝いをしていきたいという思いで日々製造しております。メーカー直送により、高品質の食品をリーズナブルな価格でお届けすることが可能です。弊社商品が皆様のお役に立てれば幸いです。
化学調味料・保存料・着色料・香料などは使わず、素材がもつ自然の味わいを大事にしています。 ハンバーグの他にも、「焼くだけ」「温めるだけ」「揚げるだけ」で簡単に調理できるお惣菜も好評いただいております。 無添加で安心できる食品づくりに努め、皆様を笑顔にできる美味しい食品をつくっています。 明和食品は今後もさらに、サステナビリティに配慮した事業活動を行うとともに、 これからも安心安全の無添加食品をこれからも作り続ける努力をし、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

SDGsとは

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。 SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。 17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

明和食品の取り組み

脱炭素社会の実現

省エネ・CO2削減に資する取り組みを推進し、環境負荷低減に努めて参ります。

■再生可能エネルギー由来のCO2フリー電力を使用

2018年 社屋に太陽光パネルを設置し、Co2削減へ
Co2削減量 13816kg-Co2/年間
成木換算 986本/年間
石油換算 9972ℓ/年間

■エコ用紙の使用や裏紙の活用

コピー用紙は古紙パルプ100%再生紙を使用しています。
裏紙をメモ用紙に使用し、限りある資源を大切に使います。

また商品の発送時には簡易包装を心がけています。

ワーク・ライフ・バランス

従業員がずっと元気にイキイキと働くことが出来る職場づくりを進めてまいります。

■「健康経営優良法人」の継続取得

従業員みんなが、ずっと元気にイキイキとと働くことができる職場づくりを行ってまいります。 全従業員の健康診断はもちろんのこと、年2回の検便実施のほか、喫煙率や睡眠など、従業員の健康に関する様々なデータを把握し、運動機会の増進に努めています。また、職場内コミュニケーションの活性を図り、より良い職場環境づくりにも力を入れています。 経済面としては、長く安心して働くことができるよう「退職金制度」「職場つみたてNISA」を通じて老後の資金づくりを推進しています。

地域への貢献

地域企業として地域活性化に取り組んで参ります

■小中学校の職場体験の受け入れ

会社の近くの北八下小学校の3年生たちが工場見学に来られます。後日、「ステキだな!」と思ったことを生徒たちがまとめ、発表するのですが私も発表の際には学校まで見に行っています。このような活動を通じて、少しでも食に興味を持ったり、さまざまな刺激を受けたりしてくれたらいいなと思います。

■定期的な地域清掃の実施

毎月朝に30分ほど会社周辺の清掃を行っております。
地域で商売をさせていただいているので、せめて会社周辺だけでもきれいにしたいと思っています。大きなことはできませんが、「無理なくできること」をコツコツと続けております。

■地域・学校との連携による商品開発

農芸高校の生徒たちが「経産牛をエコフィードで再肥育し、付加価値をつけて販売する」という取り組みで、生徒さんたちと、どの部位を使って、どんな商品をつくるのがいいのか、など商品開発から一緒に取り組みました。これは北花田の無印良品さんなどで実際に販売まで行いました。

当店は国連が提唱する、「持続可能な開発目標(SDGs)」の趣旨に賛同し、事業活動を通じて地域課題の解決及び持続可能な社会の実現に向けて取り組んで参ります。
化学調味料や保存料、着色料などの添加物は一切使用せず、素材に素直に。そして美味しい食品づくりを通じて地域に必要とされる会社を目指して参ります。